エコ助っ人車

車のバッテリーの処分方法は?処分方法を徹底解説!

車のバッテリーの処分方法は?処分方法を徹底解説!

郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)

自動車のバッテリーは消耗品のため、3年以内に取り換えることが多いです。
処分しようと思っても、自治体では回収してくれないため、処分方法に困っているという方も多いのではないでしょうか?

そこで当記事では、バッテリーを処分する方法6選と、処分する際に注意することを紹介していきます。

目次

バッテリーを処分する前に確認しておくこと

バッテリーを処分する前に確認しておくこと

いらなくなった車のバッテリーを処分しようと考えている方はいませんか?

車のバッテリーを処分する前には「バッテリーを処分するタイミング」を確認しておくようにしましょう。

車の各パーツと同じように、車のバッテリーにも寿命があります。

そのためずっと同じバッテリーを使い続けることはできず、寿命が来たら今まで使用していたものは処分し新しいものと取り替える必要があります。

詳しい処分タイミングについては次で紹介するので、タイミングがわからないという方は一度ご確認ください。

車のバッテリーを処分するタイミングは?

車のバッテリーを処分するべきタイミングは、車の購入後2~3年が目安です。

バッテリーは車を使用するたび消耗し、新品のバッテリーの場合には2~3年程度で性能が落ちると言われています。

バッテリーが劣化してくると、「車にエンジンがなかなかかからない」・「ライトがいつもより暗い」・「パワーウインドウの動きがいつもより鈍い」などの症状が現れます。

もしも車のバッテリーをしっかりと充電しているのに、上記のような症状が治らなくなってしまった場合は、バッテリーが寿命を迎えている証拠なので処分と交換を考えましょう。

なお、車の種類や車の使用頻度によっては3年以上持つケースや2年持たないケースもあります。

不安な方は日ごろから確認することがおすすめです。

バッテリーの処分方法6選!

バッテリーの処分方法6選!

車のバッテリーは、可燃ごみなどのようにゴミ袋に詰めて捨てることはできません。

一般的な家庭ごみとは異なった、特別な方法で処分を行う必要があります。

車のバッテリーを処分する方法は下記の6つです。

車のバッテリーを処分する方法
  • 方法①ガソリンスタンドへ持込む
  • 方法②自動車パーツ販売店へ持ち込む
  • 方法③不用品回収業者へ依頼
  • 方法④バッテリー交換時に古いものを引き取ってもらう
  • 方法⑤新しいバッテリーを購入するときに引き取りを依頼する
  • 方法⑥バッテリーを取り扱うホームセンターで回収してもらう

下記からは、それぞれの方法のメリットとデメリットを詳しく紹介します。

自分に合った方法を選択するようにしましょう。

方法①ガソリンスタンドへ持込む

車のバッテリーを処分する方法1つ目は、「ガソリンスタンドへ持込む」です。

多くのガソリンスタンドでは、車のバッテリーの引き取りサービスを行っています。

引き取りを依頼する際の費用はガソリンスタンドによって違っていますが、0円から数百円程度の場所が多いです。

デメリットとしては、自分で最寄りのガソリンスタンドのことを調べて持っていかなければいけないことが挙げられます。

処分の費用を抑えることができるため、100円でも安く処分したいと考えている方におすすめです。

セルフ形式のガソリンスタンドなど、一部のガソリンスタンドでは引き取りに対応していないため、ガソリンスタンドへ持ち込む際は事前に確認をするようにしましょう。

方法②自動車パーツ販売店

車のバッテリーを処分する方法2つ目は、「自動車パーツ販売店へ持ち込む」です。

自動車パーツ販売店でも、ガソリンスタンド同様にいらなくなったバッテリーの引き取りサービスを行っているお店が多いです。

自動車パーツ販売店の引き取りサービスを利用する場合、費用は0円から数百円ほどで処分することができます。

販売店によっては、無料で引き取りを行っているけど新しいバッテリーの購入が必須など、条件が決まっていることもあるため利用の際は注意が必要です。

新しいバッテリーの購入と古いバッテリーの処分を同時に行えるため、まだ新しいバッテリーを購入していないという方におすすめの方法となっています。

店舗によって処分にかかる費用は違うため、事前の料金確認を忘れずに行いましょう。

方法③不用品回収業者へ依頼

車のバッテリーを処分する方法3つ目は、「不用品回収業者への依頼」です。

不用品回収業者とは、家具や家電のような粗大ごみや自転車、車などの処分に困る不用品を回収している業者です。

薬品などの危険物を取り扱っている業者であれば車のバッテリーの回収にも対応しています。

不用品回収業者を利用してバッテリーを処分するための料金相場は、500円から1,000円程度です。

電話一本で自宅まで回収に来てくれるため、処分の手間が一切かかりません。

できるだけ処分に時間や手間をかけたくないと考えている方は、不用品回収業者に引き取ってもらう方法がおすすめです。

不用品回収業者の全てがバッテリーの回収に対応しているわけではありません。

不用品回収業者を利用する場合は、業者をしっかりと選ぶようにしましょう。

方法④バッテリー交換時に古いものを引き取ってもらう

車のバッテリーを処分する方法の4つ目は、「バッテリー交換時に古いものを引き取ってもらう」です。車の定期点検や車検などで、バッテリー交換をする際に、自動車専門店で引き取ってもらえます。

さらに、工場一体型のガソリンスタンドやカー用品店なども、バッテリー交換を受け付けていれば、交換時の無料引き取りが可能です。新しいバッテリーに交換しながら、古いバッテリーを処分できるのは、とても効率よくお得に処分できる方法です。

方法⑤新しいバッテリーを購入するときに引き取りを依頼する

車のバッテリーを処分する方法5つ目は、「新しいバッテリーを購入する時に引き取りを依頼する」です。車のバッテリーを販売している店舗では、古いバッテリーの引き取りサービスを利用できます。

しかし、無料でバッテリーを回収してくれる店舗もあれば、有料で回収してくれる店舗があります。有料の場合は、料金は店舗によって異なるので、持ち込む前に電話で確認しましょう。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

古いバッテリーの回収をお願いする際は、新しいバッテリーの購入時にお店の人に伝えてみましょう。

方法⑥バッテリーを取り扱うホームセンターで回収してもらう

車のバッテリーを処分する方法6つ目は、「バッテリーを取り扱うホームセンターで回収してもらう」です。ホームセンターでも店舗によっては、バッテリーの回収サービスを提供している場合もあります。

しかし、有料か無料かは、店舗によって異なりますホームセンターのHPや電話で、事前に確認してから持ち込みましょう。

バッテリーをホームセンターで回収してもらうには、店頭に持ち込み、お客様サポートセンターなどで受付をしたうえで、従業員の指示に従いましょう。

バッテリーは自治体では回収してもらいないので注意を!

家具や家電のような粗大ごみであれば、各自治体でも回収を行っていますが、バッテリーは自治体での回収を利用することができないため注意が必要です。

バッテリーを自治体に回収をしてもらうことができない理由は、バッテリーが危険物だからです。

バッテリーの中には危険物が含まれているため、ごみ処理施設などに直接持ち込んでも引き取ってもらうことができません。

車のバッテリーを処分する際は上記で説明した、「ガソリンスタンドで引き取ってもらう方法」・「自動車パーツ販売店で引き取ってもらう方法」・「不用品回収業者に引き取ってもらう方法」の3つの方法から自分にあった方法を選択して処分するようにしましょう。

なお不用品回収業者を利用する場合は、全ての業者がバッテリーの引き取りに対応しているわけではないため注意してください。

おすすめの廃バッテリー回収業者

おすすめの廃バッテリー回収業者

車の廃バッテリーの回収に対応している不用品回収業者は、多数存在しています。

初めて不用品回収業者を利用する方の中には、どこの業者を選んだら良いかわからない、そもそも不用品回収業者の違いがわからない、というお悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?

そんなお悩みを抱えている方のために、下記からは廃バッテリーの回収に対応しているおすすめの業者を紹介します。

不用品回収業者選びで迷っているという方は、ぜひ参考にしてください。

エコ助っ人

エコ助っ人

廃バッテリーの回収に対応しているおすすめの不用品回収業者は、「エコ助っ人」です。

エコ助っ人は、家具や家電などの粗大ごみから廃バッテリーのような危険物まで回収を行っている不用品回収業者です。

不用品1点だけといった依頼も可能なため、廃バッテリー1つだけ引き取ってほしいといった場合でも問題なく利用することができます。

依頼には最短即日で対応してもらうことができ、電話一本ですぐに駆けつけてもらえるため忙しい方やすぐに引き取ってもらいたいと考えている方に最適です。

費用の見積もりは無料で依頼することが可能です。

見積もりを聞いた後で利用を断ることもできるので、気になる方は費用の見積もり依頼だけでも相談してみましょう。

おすすめポイント 業界最安値で高価買取実施中
料金 SSパック5,000円(税込)〜
対応速度 最短即日対応
回収可能な不用品 家具家電、日用品、生活雑貨、自動車用品など
買取制度 あり
電話番号 0120-163-016
公式ホームページ https://pt-bank.jp

不用品回収業者にバッテリー処分を依頼するメリット

不用品回収業者にバッテリー処分を依頼するメリット

不用品回収業者にバッテリーの処分をしてもらうよう検討したときに、メリットにどんなことがあるのか気になりませんか?不用品回収業者に依頼することで、簡単に処分ができる以外にもさまざまな利点があります。

そこで、不用品回収業者にバッテリーの処分を依頼するメリットを詳しくご紹介します。自分にとってメリットが多いようであれば、バッテリーの処分を不用品回収業者に依頼してみてもよいでしょう。

自分の好きなタイミングで処分することが可能

不用品回収業者にバッテリー処分を依頼するメリット1つ目は、「自分の好きなタイミングで処分することが可能」なことです。不用品回収業者では、最短即日で対応可能な業者が多く、自分の予定に合わせて依頼できます。

点検などのタイミングでバッテリーを処分する場合は、店舗に来店しなければならず、すぐに処分できません。そのため、仕事で時間のない方や、すぐに不用品を処分したい方にはメリットといえるでしょう。

すぐに不用品を処分したい場合は、即日対応の業者を選ぶようにしましょう。ただし、一部地域のみ即日対応を受け付けている業者もありますので、事前に問い合わせておくと安心です。

他の不用品やゴミもまとめて処分することが可能

不用品回収業者にバッテリー処分を依頼するメリット2つ目は、「他の不用品やゴミもまとめて処分することか可能」なことです。一度にたくさんの不用品を処分することで、お得になるプランを用意している不用品回収業者は多数存在します。

バッテリーだけでなく、他に不用品や粗大ゴミなどがある場合は、処分費用が単品で依頼するよりも安くなるでしょう。引越しや大掃除などで大量の不用品がある場合は、まとめて処分をお願いできる不用品回収業者の利用はメリットといえます。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

バッテリーだけでなく、他の不用品も処分できるのは、不用品回収業者だけです。

安全かつ適切に処分してくれる

不用品回収業者にバッテリー処分を依頼するメリット3つ目は、「安全かつ適切に処分してくれる」ことです。不用品回収業者では、専門の知識を持ったスタッフが、搬出から処分まで全てを行います。

依頼者は、分別や解体などの必要は一切ありません。そのため、依頼主は立ち会いをするだけで、不要になってしまったバッテリーを処分できます。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

簡単なだけでなく、怪我の心配もなく、安心です。とくにご年配の方や女性におすすめの処分方法です。

不用品回収業者にバッテリー処分を依頼するデメリット

不用品回収業者にバッテリー処分を依頼するデメリット

不用品回収業者にバッテリーの処分を依頼しようかと検討した時、メリットだけでなくデメリットもあります。人によっては、不用品回収業者に依頼することが、デメリットと感じてしまうでしょう。

以下では、不用品回収業者にバッテリーの処分を依頼するデメリットについて紹介します。もし、当てはまってしまった場合は、不用品回収業者に依頼せず、他の方法で処分しましょう。

他の処分方法より費用が高い場合がある

不用品回収業者にバッテリーの処分を依頼するデメリット1つ目は、「他の処分方法より費用が高い場合がある」ことです。不用品回収業者に依頼する場合、バッテリーだけの単品処分は割高となってしまいます。

不用品回収業者によって、処分費用は異なります。少しでもお得にバッテリーを処分したい場合は、他の不用品とともにまとめて処分することで処分費用が安くなる傾向があるので検討してみてください。

不用品回収業者もさまざまなタイミングでキャンペーンを実施しています。まずは問い合わせしてみてお得に利用できる方法を相談してみても良いでしょう。

業者の選定が手間である

不用品回収業者にバッテリーの処分を依頼するデメリット2つ目は、「業者の選定が手間である」ことです。不用品回収業者はたくさん存在しており、残念ながら中には悪質な業者もいます。

そのため、安心して依頼できる業者の選定をしなければいけません。不用品回収業者の選定は、自治体の許可や、作業実績、口コミ、料金相場などを確認する必要があるなど、手間と感じる人もいるでしょう。

しかし、慎重に不用品回収業者の選定を行わないと、悪質な業者に依頼してしまいトラブルに発展してしまうリスクがあります。業者選定が手間な人のために本記事でもおすすめの業者を紹介していますので、ぜひご参考ください。

廃バッテリーを処分する際に注意する3つのこと

廃バッテリーを処分する際に注意する3つのこと

理解していない方が多いですが、廃バッテリーは危険物です。

適当な扱い方をしてしまうと、やけどや失明、爆発してしまう恐れがあります。

回収を行っている業者やパーツ販売店を利用して適切な処分をするようにしてください。

廃バッテリーを処分する際に注意するべきことは下記の3点です。

廃バッテリーを処分する際に注意すべきこと
  • 注意点①火気厳禁
  • 注意点②金属と接触させない
  • 注意点③解体しない

取り扱いの際には十分注意し、小さい子供が間違っても触れてしまうことのないよう厳重に保管してください。

下記からは、廃バッテリーを処分する際に注意すべきことを詳しく解説します。

これからバッテリーの処分を考えているという方は、ぜひ参考にしてください。

注意点①火気厳禁

廃バッテリーを処分する際に気を付けるべきこと1つ目は、「火気」です。

車のバッテリーの中には、常に水素ガスが存在しています。

水素ガスは火を近づけることで爆発します。

そのため、廃バッテリーを取り扱う際は火気に注意しなければいけません。

自分で車からバッテリーを取り外す際は、絶対にたばこなどを吸いながら作業することは避けましょう。

最悪の場合、バッテリーが爆発し大規模な火災に発展する恐れがあります。

なお火気に注意するのは、バッテリーを取り外す時だけではありません。

保管の際にも注意が必要です。

屋外などで保管していると、たばこのポイ捨てなどで火災に発展する恐れがあります。

保管の際は自宅の中で保管するようにしてください。

注意点②金属と接触させない

廃バッテリーを処分する際に気を付けるべきこと2つ目は、「金属と接触させない」です。

なぜ廃バッテリーを金属と接触させてはいけないのかというと、バッテリーが電池だからです。

電池である廃バッテリーを金属に接触させてしまうと、発火してしまう恐れがあります。

金属と接触したら必ず発火してしまうわけではありませんが、発火の可能性が少なからず存在しているため廃バッテリーを取り外した際は金属と接触しない場所に保管することがおすすめです。

絶縁テープを貼ることで金属との接触による発火を防げるため、廃バッテリーを自分で車から取り外した際は、忘れずに絶縁テープを廃バッテリーの端子部分に貼り付けるようにしましょう。

絶縁テープはホームセンターや100円ショップなどで購入することができます。

注意点③解体しない

廃バッテリーを処分する際に気を付けるべきこと3つ目は、「解体しない」です。

廃バッテリーは処分方法によってはお金がかかってしまいますが、節約のために自分で解体して処分しようと考えるのは危険なので絶対にやめてください。

廃バッテリーには、希硫酸などが含まれています。

希硫酸などの危ない物質が肌に触れたり目に入ったりすると、やけどや失明してしまう恐れがあります。

取り返しのつかないことになる可能性が高いため、知識がない方は絶対に解体しないようにしてください。

また、小さなお子様がいるご家庭では、子供の手が届く場所に廃バッテリーを保管しておくと子供が誤って触れてしまう可能性があります。

小さなお子様の手が届かない場所で保管するよう気をつけましょう。

車のバッテリーの処分方法についてQ&A

車のバッテリーの処分方法についてQ&A

車のバッテリーの処分は頻繁に経験するものではないため、わからないことがある方が多いかと思います。

そこで下記からは、車の廃バッテリーの処分方法でよくある質問をまとめてご紹介します。

車のバッテリーの処分が初めてという方は、ぜひ参考にしてください。

Q1.車のバッテリーを処分するタイミングはいつ?

車のバッテリーを処分する理想のタイミングは、バッテリーを交換するタイミングです。

車のバッテリーは購入から2~3年が寿命と言われており、いつか必ずバッテリーを使い続けていると交換すべきタイミングが訪れます。

バッテリーを新しいものと交換すると古いものが不要になるため、そのタイミングで処分を行うことが理想です。

なお、車の車種や使用頻度によっては2年持たないケースも3年以上持つケースもあるため、必ず2~3年で交換をしなければいけないわけではないので注意してください。

エンジンがなかなかかからないなどの症状が起き始めたらバッテリーの交換・処分を検討しましょう。

Q2.買い替えの時に廃バッテリーは処分できる?

ほとんどの自動車パーツ販売店では、新しいバッテリーへの買い替え時に廃バッテリーの引き取りを行っています。

廃バッテリーの引き取り費用は、0円から1000円程度のことが多いです。

買い替えの場合は廃バッテリーを無料で引き取っているという店舗もあれば、買い替えであっても引き取りにはサービス費用が必要という店舗もあるため、節約のために買い替え時に引き取りを依頼したいと考えている方は注意が必要です。

買い替えと同時に廃バッテリーの引き取りを依頼する際は、事前に引き取りに対応しているかと処分費用を確認するようにしましょう。

Q3.自分で交換した場合の廃バッテリーの処分は?

自分で車のバッテリーを交換した場合の廃バッテリーの処分方法は下記の3つです。

  • 不用品回収業者に回収を依頼する
  • 自動車パーツ販売店へ持ち込む
  • ガソリンスタンドへ持ち込む

不用品回収業者を利用する場合にも自動車パーツ販売店を利用する場合にもガソリンスタンドを利用する場合にも店舗や業者によっては対応していない可能性があるので、事前の確認が必須です。

忘れずに確認するようにしましょう。

不用品回収業者を利用する場合は、「エコ助っ人」がおすすめです。

エコ助っ人は、薬品やバッテリーなどの危険物の回収にも対応している不用品回収業者です。

電話一本で一切の手間をかけずに簡単にバッテリーを処分することができます。

Q4.車のバッテリーを処分する際に気を付ける事は?

車のバッテリーを処分する際は、下記の3点に気を付けるようにしましょう。

  • 火気に気を付ける
  • 金属と接触させない
  • 解体しない

バッテリーは危険物のため、金属との接触や火気との接触があると火事になってしまう可能性があります。

バッテリーを車から取り外す際もバッテリー処分する日まで保管をする際も、火気と金属との接触に十分注意しましょう。

なお、絶縁テープを廃バッテリーの端子部分に貼り付けておくことで金属との接触による発火を防ぐことができるため、すぐに処分をせずに保管しておく場合は絶縁テープを用意しておくことがおすすめです。

【まとめ】車のバッテリーの処分方法は?処分方法を徹底解説!

【まとめ】車のバッテリーの処分方法は?処分方法を徹底解説!
本記事では、廃バッテリーの処分方法を解説しました。
いかがだったでしょうか?
廃バッテリーは粗大ごみのように自治体に引き取ってもらうことができません。
処分の際には、不用品回収業者やガソリンスタンドなどに依頼し引き取ってもらう必要があります。
ゴミ捨て場に出しても回収してもらうことができないので注意してください。
不用品回収業者に廃バッテリーの引き取りを依頼するのであれば、「エコ助っ人」がおすすめです。
エコ助っ人では電話一本で最短即日回収を行っています。
すぐに処分したい方、手間をかけずに処分したい方はエコ助っ人の利用を検討してみてはいかがでしょうか?
本記事が車のバッテリーの処分方法でお悩み中の方のお役に立てれば幸いです。

不用品回収業者エコ助っ人

回収事例

ECO助っ人の不用品回収事例をご紹介いたします。

事例1東京都世田谷区のお客様

リビングの家具一式を新しく買い替えるお客様からのお問い合わせでした。 ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブルなどを回収させていただきました。 ECO助っ人では大量の不用品でも最短即日でお伺いいたしますのでいつでもご用命くださいませ。

ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブル回収前の画像
ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブル回収後の画像
事例2東京都新宿区のお客様

法人のお客様でした。デスク環境を一新されたいというお客様のパソコンデスクと棚を回収いたしました。 状態が良くきれいに使われていたので買取により費用を抑えて対応させていただきました。お客様にも大変満足いただきました。

`不用品回収前の画像
不用品回収後の画像
事例3東京都杉並区のお客様

システムベッド、椅子、梯子、そのほか粗大ゴミを回収させていただきました。 お部屋からの搬出に際して、解体作業も行わせていただき丁寧に作業をさせていただきました。 お子様も大きくなり次はおしゃれなデスクと椅子に買い替えるそうです。

システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像
システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像
事例1東京都世田谷区のお客様
ソファー・テーブル・テレビの回収前
ソファー・テーブル・テレビの回収後

リビングの家具一式を新しく買い替えるお客様からのお問い合わせでした。 ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブルなどを回収させていただきました。 ECO助っ人では大量の不用品でも最短即日でお伺いいたしますのでいつでもご用命くださいませ。

事例2東京都新宿区のお客様
パソコンデスクと棚の回収前の画像
パソコンデスクと棚の回収後の画像

法人のお客様でした。デスク環境を一新されたいというお客様のパソコンデスクと棚を回収いたしました。 状態が良くきれいに使われていたので買取により費用を抑えて対応させていただきました。お客様にも大変満足いただきました。

事例3東京都杉並区のお客様
システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像
システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像

システムベッド、椅子、梯子、そのほか粗大ゴミを回収させていただきました。 お部屋からの搬出に際して、解体作業も行わせていただき丁寧に作業をさせていただきました。 お子様も大きくなり次はおしゃれなデスクと椅子に買い替えるそうです。

0000分現在お電話すぐに繋がります!
(現在:2名オペレーター対応可能)

マスコットキャラクターと背景
大見出しの飾り

対応エリア

全国の不用品、粗大ゴミ回収、遺品整理、ゴミ屋敷に対応可能。
365日営業しておりますので
お気軽にお問い合わせください。
ECO助っ人は買取サービスも対応しております。

トラックとマスコットキャラクター
対応地域拡大中!